CloudbricでSSLの使用

Cloudbricは無償のSSL(Let's Encrypt)を提供しています。

CloudbricのDNS情報に変更すると、自動的にLet's Encrypt(無償SSL)が発行されます。

 

SSLモードとして、下記のSSLモードがあります。

1. Basic SSL モード

このオプションは、CloudbricとWebサーバーの間ではなく、ユーザーとCloudbric間の通信を暗号化します。
ユーザー<--- Let's Encrypt SSL(無償SSL)---> Cloudbric <--- SSLなし(平文通信)--->Webサーバー


2. Full SSL モード

このオプションは、 Cloudbricとユーザーの間 Let's Encrypt SSL を使用し、CloudbricとWebサーバーの間では独自のSSLを使用して、通信を暗号化します。
ユーザー<--- Let's Encrypt SSL (無償SSL)----> Cloudbric <--- 独自のSSL --->Webサーバー


■Custom SSL
ケース:ユーザーとCloudbricとの間のトラフィック通信にLet's Encrypt SSL (無償SSL)ではなく、カスタムSSL(独自のSSL)を使用したい場合は、下記リンクをご参照ください。

カスタムSSL証明書をCloudbricに適用する方法を教えて下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント