リダイレクトモードとは何ですか?

Cloudbricを使用すると、ドメインをWWWまたはHTTPS URLにリダイレクトできます。Cloudbricにログインし、設定ページに移動してください。右下に「リダイレクトモード」が表示されます。

 

HTTPからHTTPSへ

Cloudbricは、機能をオンにすると、HTTPトラフィックをHTTPSに強制変換します。 Cloudbricは無料のSSL証明書を提供しているため、WebサイトのHTTPSバージョンに訪問者を自動的にリダイレクトして、通信が暗号化されていることを確認できます。 HTTP接続のみ(SSLなしモード)を選択した場合は、HTTPからHTTPSへのリダイレクトモードを有効にしないでください。

例:cloudbric.com → https://cloudbric.com

 

Non-WWWからWWWへ

Cloudbricは、 Non-WWWトラフィックをWWWに強制的にオンにします。 1対1にリダイレクトすることで、検索結果のコントロールが強化されます。検索エンジンは、Non-WWWとWWWのURLを2つの異なるWebサイトと見なします。サブドメインには "Non-WWW to WWW"のオプションはないことに気をつけてください。

例:cloudbric.com → www.cloudbric.com  

 

しかし、リダイレクトモードをオンにする前に... まず、ドメイン名の前に「https://」と入力すると、ウェブサイトが正常に動作していることを確認します。 Google Chrome、Internet Explorer、Firefoxは混合コンテンツをブロックします(初期リソースがHTTPSに読み込まれているが、スクリプトやスタイルシートなどの他のリソースがHTTP経由で読み込まれている場合)。コンテンツが混在していると、Webサイトが文字化けして見える可能性があります。 次に、Cloudbricダッシュボードのこのモードは、SSL証明書を使用しているユーザーのみに適用されます。 SSLを使用せずにHTTP接続のみを使用する場合は、リダイレクトモードがオフになっているか、Webサイトに潜在的なエラーがないか確認してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk